三島夏まつり

三島夏まつり

三島夏まつり (8月15・16・17日)

勇壮な山車の競り合い、胸高鳴るシャギリの音。伝統と熱気が漂う「三島市最大のイベント」夏まつりは、三嶋大社の例大祭に合わせて、毎年8月15日~17日の3日間にわたり行われます。三嶋大社から三島広小路駅までの約700mを歩行者天国にし、山車とシャギリ、郷土芸能農兵節やみしまサンバパレード、頼朝公旗挙げ行列など様々な行事が繰り広げられます。

三島夏まつりの歴史は古く、上代の時代より始まったといわれています。元は三嶋大社の新穀豊作の秋の酉の日の祭りでしたが、時代とともに市民参加のつけ祭りとして発展してきました。毎年県内外から多くの方が訪れ、賑わいをみせています。

8月15日 山車とシャギリの日

夏まつり最大の催し「山車」と「シャギリ」

山車シャギリ大会

山車シャギリ大会

江戸時代から引き継がれてきた当番町の山車の引き回しと、軽快なシャギリの音が祭りの雰囲気をさらに盛り上げます。夜になると当番町の山車が三嶋大社大鳥居前に集まり、一斉に競り合いが始まります。数台の山車から響くシャギリの音は、観衆の胸を躍らせ祭りの熱気は最高潮に達します。

15日の見どころ

  • 山車シャギリ大会
  • 響演みしまサンバ&三島の和太鼓
  • 当番町の山車競り合い(※各日20時00分より行われます)

8月16日 伝統芸能の日

今、歴史の1ページを伝える「伝統芸能」

頼朝公旗挙げ行列

頼朝公旗挙げ行列

手筒花火

手筒花火

三島夏まつりのイチオシとして定着し、好評を博している催し「頼朝公旗挙げ行列」が行われます。平治の乱(1159年)で伊豆に流された源頼朝が、源氏再興を三嶋大社に祈願したのちに挙兵し、全国を平定した故事にちなんだ行事です。毎年異なる芸能人が頼朝役として出演し、市民も当時の出で立ちで市内をまわり、盛り上がりを見せています。

その他催しとしては、「手筒花火」「浦安舞」など三嶋大社の神事として残る伝統的な芸能や、「梯子のり」「神輿」などが行われます。

16日の見どころ

  • 当番町山車パレード
  • 梯子のり
  • 頼朝公旗挙げ行列
  • 手筒花火
  • 農兵節パレード
  • 音楽パレード
  • 当番町の山車競り合い(※各日20時00分より行われます)

8月17日 踊りの日

最終日に華々しく舞う「踊り」の饗宴

農兵節パレード

農兵節パレード

みしまサンバパレード

みしまサンバパレード

「富士の白雪ノーエ」とリズム豊かな唄で始まる「農兵節」や、その「農兵節」をポップ調にアレンジした「みしまサンバ」のパレードが行われます。整然とした「農兵節」と華やかな「みしまサンバ」、どちらも三島を代表する踊りであり、市民に愛されています。また、参加自由の踊り大会も行われ、どなたでもお楽しみいただけます。

歴史の古い三島夏まつりの最終日にふさわしい、過去と現代それぞれを象徴する踊りが終わると、夏まつりも終盤へ。最後はやはり「当番町の山車競り合い」です。熱気は最高潮に達し、惜しまれつつも今年の幕を閉じます。

17日の見どころ

  • 流鏑馬
  • 農兵節パレード
  • みしまサンバパレード
  • 農兵節・みしまサンバ総踊り大会(飛び込み参加OK!)
  • 当番町の山車競り合い(※各日20時00分より行われます)

このページのトップへ