山中城跡公園

~ 自然と調和した美しい障子堀、雄大な富士と対峙する山城跡 ~

山中城跡公園

貴重な中世の山城

山中城は、戦国時代末期の永禄年間(1560年代)に、小田原に本城をおいた北条氏が築城しました。その後天正17年豊臣秀吉と不仲となった北条氏政は、秀吉の小田原攻めに備え、急遽堀や岱崎出丸等の整備、増築を行ないました。しかし翌天正18年(1590年)3月29日、増築が未完成のまま、4万の豊臣軍の総攻撃を受けました。北条軍は4千で、必死の防戦もかいなく鉄砲と圧倒的兵力の前にわずか半日で落城したと伝えられています。このときの城将松田康長、副将間宮康俊、豊臣方の一柳直末等武将の墓が三ノ丸にある宗閑寺境内にあります。400年前の遺構がそのまま復元されている石を使わない土だけの山城は全国的にも非常に珍しいものです。堀や土塁が良く残っており、尾根を区切る曲輪の造成法、架橋や土橋の配置など箱根山の自然の地形を巧みにとり入れた山城の作り方など、目を見張るものがあります。昭和9年(1934年)国の史跡として指定されています。

箱根山の地形を利用した山中城。
西やぐら、西ノ丸、二ノ丸橋付近標高580メートル。

障子堀

後北条の特長が良く現れている堀で、障子のさんのように見えるところから障子堀といいます。ここは用水池を兼ねた水堀で、山城では非常に珍らしいものです。

本丸西橋

本丸から二ノ丸(写真右)の間の堀にかかる橋で、左側半分は土橋。いざというときは右半分の木橋を堀に落とし、本丸への侵入を防ぐことができます。

睡蓮(すいれん)

二つの池があり、箱井戸は山中城将兵の飲料水。田尻の池(写真)は馬用の飲み水として使われたようです。季節には睡蓮(すいれん)の美しい花を見ることができます。

山中城将の墓

城主松田康長、副将間宮康俊などの墓で、三ノ丸宗閑寺境内にひっそりと苔むしています。隣には豊臣方の武将一柳直末の墓もあります。

このページのトップへ

HOMEへ
観る
三島市観光協会 事務所
  • 〒411-0036
    静岡県三島市一番町2-29
    三島商工会議所 会館4階
  • TEL:055-971-5000
  • FAX:055-971-8882
  • お問い合せ:
    info@mishima-kankou.com
案内所
  • 〒411-0036
    静岡県三島市一番町16-1
  • TEL:055-946-6900
  • FAX:055-946-6908